最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 絵童話「2杯目のスープ」の紹介 | トップページ | 絵本「木霊みょうと」の紹介 »

2010年12月26日 (日)

絵本「鬼丸」の紹介

絵本「鬼丸」の紹介


鬼丸とときわ(人形)との不思議な話を描いている。私がこの絵本を買ったのはずいぶん以前になりますが、絵が不気味で「子供が見るにはちょっとねェ」と思ったからです。深沢邦朗さんの絵本です。当時、有名な童画家で何度か絵は見て知っていました。少女をよく描いていましたが、どこか不自然でかえって気になりました。特にこの絵本は、その不気味さが魅力になっています。あきらかに人形とわかっているから、おそらく作者の気持ちが入りすぎたのでしょう。絵というのは、いつも逆(さかさ)鏡だと思います。

« 絵童話「2杯目のスープ」の紹介 | トップページ | 絵本「木霊みょうと」の紹介 »

絵本・童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/50405200

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本「鬼丸」の紹介:

« 絵童話「2杯目のスープ」の紹介 | トップページ | 絵本「木霊みょうと」の紹介 »