最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 絵本「雷の落ちない村」の紹介 | トップページ | 絵本「鬼丸」の紹介 »

2010年12月25日 (土)

絵童話「2杯目のスープ」の紹介

絵童話「2杯目のスープ」の紹介

時間が空くと、近くの本をぱらぱらめくる。その時の気分にもよるが、今日は絵本。絵童話「2杯目のスープ」の中に1枚の絵がある。おりがみの思い出が父の死に結びついてしまう少女のお話に、宇野亜喜良が挿絵を描いている。この人の絵が好きでよく見るが、過剰な連想が働くせいか気になる絵が多い。絵を含めてすべてが記号だと思う時がある。風景も人が作り出したものも、振り返って見る者にとって謎だらけの記号である。わかりやすい謎だと思って入っていくと、とんでもない迷路の入口ということもある。宇野亜喜良の絵がかわいいという人がいる。とんでもない。

« 絵本「雷の落ちない村」の紹介 | トップページ | 絵本「鬼丸」の紹介 »

絵本・童話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/50395402

この記事へのトラックバック一覧です: 絵童話「2杯目のスープ」の紹介:

« 絵本「雷の落ちない村」の紹介 | トップページ | 絵本「鬼丸」の紹介 »