最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« かごに入ったカボチャ | トップページ | 宮廷画家・ゴヤの眼から北朝鮮を見る »

2010年12月16日 (木)

ハーゼンクレーヴァー「感傷的な娘」

ハーゼンクレーヴァー「感傷的な娘」

今日は時間がありますので、絵画の表現について書きます。若い頃、ロマン派の絵画展を観ました。ひととおり観た後に、どうしても気になる作品がありました。それがこの作品です。絵描きなら一度は夢見る「少女のポーズ」が、そこにあるのです。これに近いイメージで絵を描きたいと思ったことが、私にも一時期ありました。月を眺めるなら窓越しに、斜め後ろのポーズで物思いにふける少女。それは映画のワンシーンのように共通している場面です。だからこそ、絵にしたときに通俗的になるのです。絵描きの危うさがいつもそこにあるのです。何をどのように描いてもいいのですが、描いてる本人の意識がそれを拒否するのです。何故だと思います。たしかに一枚の絵と、時間の経過の中で表現する映画とは自ずと違うのですが、それだけではないのです。造形上の課題がそこにはあるのです。難しくはありません、この絵を見ればわかるのです。月を見ている娘の後ろに、あなたが居ることが、絵画の目的ではないのです。若き頃、何故か私はこの絵の写真を買いました。そして今も、大切に持っている。

« かごに入ったカボチャ | トップページ | 宮廷画家・ゴヤの眼から北朝鮮を見る »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/50316760

この記事へのトラックバック一覧です: ハーゼンクレーヴァー「感傷的な娘」:

« かごに入ったカボチャ | トップページ | 宮廷画家・ゴヤの眼から北朝鮮を見る »