最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 童話「ひげよさらば」上野瞭・作の紹介 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿 »

2011年1月 4日 (火)

レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」の謎

レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」の謎

レオナルド・ダ・ヴィンチの10数点しか現存しない絵画作品のうち、初期の傑作「受胎告知」を日本でも見る機会がありました。「受胎告知」は20代初めのレオナルドが描いた実質的なデビュー作で、ルネサンス美術の宝庫、フィレンツェのウフィツィ美術館でも最も重要な作品のひとつです。完成作では「最後の晩餐」に次ぐ大作ながら保存状態もよく、制作当時の画面を今日に伝えています。この展覧会でも、「受胎告知」をレオナルドの活動の出発点にすえ、手稿類などの最新の研究成果を紹介して、レオナルドの創造と知の全容を見せてくれました。私にとっても、若き頃のイタリアの街とともに、思い出に残る作品です。この絵のマリアの右手が不自然に見えたので、「レオナルドのミスかな」と長年疑っていたものでした。本来の展示場所(制作当時)を知り、謎のひとつが解けました。不自然な角度から、見る人の視点(効果)を計算していたのです。やはり、レオナルドにミスは無かったのです。

« 童話「ひげよさらば」上野瞭・作の紹介 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/50489252

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ「受胎告知」の謎:

« 童話「ひげよさらば」上野瞭・作の紹介 | トップページ | レオナルド・ダ・ヴィンチの手稿 »