最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« MIYU(みゆ)は太陽を掴みに行く | トップページ | 本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」 »

2013年1月23日 (水)

TVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)の魅力

Biburia_01


Biburia_02


わたしは、あまりテレビを見ない。そのわたしが、「古書店」らしい名前にひかれて見てしまったのが、「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)である。おもしろい、ついつい昨日も見てしまった。原作が漫画だとわかったのは、「公式ブログ」を調べてのことだ。「古書に詳しい人」でないと、ここまでは書けない、そう思ったからだが・・・。このドラマの魅力は、なによりも「古書の魅力」を知っている人が、丁寧に「謎掛け」をしているところにある。一冊の本を読む行為に似た「一種の癖」のようなものが、このドラマの味わい(色彩)になっている。映像の美しさも無関係ではない、若い娘(古書店主・剛力彩芽)の眼差しの効果(陰影の魅力)も、ひとつの大切な要素になっている。このような才能(原作)を、TVドラマ化した優秀なスタッフにも感謝したい。砂漠の中のオアシスのようなドラマだと、わたしは思う。

« MIYU(みゆ)は太陽を掴みに行く | トップページ | 本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/56604691

この記事へのトラックバック一覧です: TVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)の魅力:

« MIYU(みゆ)は太陽を掴みに行く | トップページ | 本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」 »