最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« TVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)の魅力 | トップページ | 本の紹介・HGウェルズ著「解放された世界」 »

2013年2月 3日 (日)

本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」

本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」

Sindoneko
映画監督新藤兼人さんの本を紹介します。「ノラネコ日記」は、それとなく書かれた「ひだまりのような本」です。机上に書きかけのシナリオ、猫に目を移しながら、なんとなくメモ書きしたような文と絵がつらなる、この「ノラネコ日記」はそういった本です。猫という生き物は、その仕草は、人に近い、ように見えてくる時がある。新藤兼人さんの目には、個性豊かな俳優に見えていたのかもしれない。新藤兼人さんと乙羽信子さんとの間に、いつも猫がいる、そのような日記、不思議な感覚がこの本に、短い文章に漂っている。

« TVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)の魅力 | トップページ | 本の紹介・HGウェルズ著「解放された世界」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/56688999

この記事へのトラックバック一覧です: 本の紹介・新藤兼人著「ノラネコ日記」:

« TVドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系列)の魅力 | トップページ | 本の紹介・HGウェルズ著「解放された世界」 »