最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 本の紹介「スタジオジブリ作品関連資料集Ⅰ~Ⅴ」 | トップページ | ロートレックのポスター »

2013年8月27日 (火)

本の紹介・藤本義一著「鬼の詩」

本の紹介・藤本義一著「鬼の詩」
Dsc_0032

江戸の円朝、浪華の円蝶、二人のエンチョウと並び称された咄家(名人)がいた。昭和のはじめの頃ですから、わたしはまだ居ない。しかし、この時代の芸人たちのことはかなり詳しい、江戸から明治・大正、昭和初期の庶民文化が好きでしたから、自然と知識が増えたのです。古書店の主としての下地ができたのもこの頃かもしれない。

藤本義一さんの「鬼の詩」は、おもしろく読みました。わたしが、テレビのなかの藤本義一さんに注視していたのは、「鬼の詩」を読んでいたからに他ならないのですが、それを話題にすると、「いやらしい」番組を好んでみている人のように思われてしまう、そんな時代でもありました。この「鬼の詩」に円蝶さんのことが書かれているのです。円蝶さんがそこにいるのではないかと思えるほどに「巧みな会話(やりとり)」で書かれているのです。わたしは、藤本義一さんは「天才やなぁ」と思っていたのですね。ただの風流人ではない、毒のある視線が周囲をしっかり見据えているのがいい。
近頃は、このような人がめっきり少なく・・・つまらない。

« 本の紹介「スタジオジブリ作品関連資料集Ⅰ~Ⅴ」 | トップページ | ロートレックのポスター »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/58076328

この記事へのトラックバック一覧です: 本の紹介・藤本義一著「鬼の詩」:

« 本の紹介「スタジオジブリ作品関連資料集Ⅰ~Ⅴ」 | トップページ | ロートレックのポスター »