最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« どんどん祭りが身近になった | トップページ | 本の紹介・ダリオ・ガンボーニ著「画家の誕生・ルドンと文学」 »

2013年10月24日 (木)

本の紹介・田辺聖子著「古典の文箱」

わたしは、長くイタリアルネッサンスに関心があり、その時代背景を知るうえで必要な「古典」を読んできました。当然のことですが、翻訳されたものを読むことになりますし、本の数も限られてきます。

1dsc_0038

日本の「古典」を読む機会もありましたので、その魅力にも少しふれておきたいという気持ちがありますが、一般的には「古典は難しい」というイメージがあり、敬遠されがちです。
田辺聖子さんの「古典の文箱」は、女性の眼でわかりやすく書かれていて、読みやすいです。田辺聖子さんは、「源氏物語」の現代語訳を書いていますし、独自の視点を持った作家だと思います。
わたしたちの思考範囲は年齢とともに広がると思っている人がいるかもしれませんが、案外そうではありません、むしろ狭くなっているのかもしれない。若い人の小説を読むのもいいのですが、時折「古典」に戻ってみるのもいいのではないか、そう思うのです。

« どんどん祭りが身近になった | トップページ | 本の紹介・ダリオ・ガンボーニ著「画家の誕生・ルドンと文学」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

突然訪問して失礼しました。
ありがとうございます ブログの持ち主だけに
偽物販売店、この専門店は安心と信頼ができる老舗です。
http://www.jp58shop.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/58445504

この記事へのトラックバック一覧です: 本の紹介・田辺聖子著「古典の文箱」:

« どんどん祭りが身近になった | トップページ | 本の紹介・ダリオ・ガンボーニ著「画家の誕生・ルドンと文学」 »