最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »

2013年8月18日 - 2013年8月24日

2013年8月20日 (火)

本の紹介「スタジオジブリ作品関連資料集Ⅰ~Ⅴ」

スタジオジブリ作品関連資料集Ⅰ~Ⅴ揃い
Dsc_1029

 
Ⅰ 風の谷のナウシカ+天空の城ラピュタ
  Ⅱ となりのトトロ+火垂れるの墓
  Ⅲ 魔女の宅急便+おもいでぽろぽろ
  Ⅳ 紅の豚+海がきこえる
  Ⅴ 平成狸合戦ぽんぽこ+耳をすませば
 

アニメーション制作に関わっていると、宮崎駿さんとジブリの仕事がどうしても気になります。世界のアニメーション映画の先駆的活躍に注目が集まるのは当然ですが、その制作スタイル(姿勢)や技術(工夫)には、見習う要素が多い。こういった資料集は、制作現場の人だけでなく、若い人たちにも見てほしいと思います。ポスター・パンフレット・美術ボードなど制作の周辺がよくわかる資料集になっています。

廣津里香さんの詩集「白壁の花」から

私は嫌い 四角いビルは
私は嫌い 四角い部屋は
教室もホテルの部屋も私の部屋もみんな四角い
でもまん丸の部屋だって 私は嫌い
凹凸の部屋よ 私が好きなのは
私は嫌い 髪をキチンと結った人
私は嫌い ズボンをはいてネクタイをキチンとしめた人
キチンとしている人はみんな悲しい
でも滅茶苦茶な格好した人だって 私は嫌い
裸の皮膚よ 私が好きなのは
そして私は四角を拒否した

Dsc_0019


廣津里香さんの詩集「白壁の花」から、とは言っても、あまり知られていない詩人です。29歳で病死した彼女の詩集や画集は、それ以降に出版されたものです。
わたしにとって、これらの本は忘れがたい想い出とともにあるために、機会あるごとにこうしてとりあげています。
鮮やかな色彩で描かれた絵、沈んだモノトーンが美しい絵、いずれも若い頃のわたしを捉えて離さないエネルギーを感じました。そこに添えられた詩は、さらに強烈なイメージ(連想)を与えるものでした。残像のように、私の心に深く入り込んでしまったのです。

« 2013年8月4日 - 2013年8月10日 | トップページ | 2013年8月25日 - 2013年8月31日 »