最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »

2013年10月20日 - 2013年10月26日

2013年10月24日 (木)

本の紹介・田辺聖子著「古典の文箱」

わたしは、長くイタリアルネッサンスに関心があり、その時代背景を知るうえで必要な「古典」を読んできました。当然のことですが、翻訳されたものを読むことになりますし、本の数も限られてきます。

1dsc_0038

日本の「古典」を読む機会もありましたので、その魅力にも少しふれておきたいという気持ちがありますが、一般的には「古典は難しい」というイメージがあり、敬遠されがちです。
田辺聖子さんの「古典の文箱」は、女性の眼でわかりやすく書かれていて、読みやすいです。田辺聖子さんは、「源氏物語」の現代語訳を書いていますし、独自の視点を持った作家だと思います。
わたしたちの思考範囲は年齢とともに広がると思っている人がいるかもしれませんが、案外そうではありません、むしろ狭くなっているのかもしれない。若い人の小説を読むのもいいのですが、時折「古典」に戻ってみるのもいいのではないか、そう思うのです。

« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年11月10日 - 2013年11月16日 »