最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 本の紹介・若桑みどり著「イメージを読む」 | トップページ | 絵本の紹介・「みつばちマーヤの冒険」 »

2014年6月13日 (金)

「恩地孝四郎と月映展」(福井市・E&Cギャラリー)を訪れた

福井駅から歩いて数分のところですが、暑いこと暑いこと、夏本番と少しも変わらない暑さに驚かされます。日影を選んで歩くこと数分、少し回り道でした(福井の街は久しぶりです)。


はじめてのE&Cギャラリー、白くコンパクトな空間に、恩地孝四郎・田中恭吉・藤森静雄の作品が整然と並んでいます。白い壁に、小窓がついているようにも見えます。それらは、小さな「時間の窓」です。「月映」の版画家たちの作品を、このような形で見るのは初めてです。これらの作品は、荒井由泰さんのコレクションの一部です。荒井由泰さんの手紙で、この会場をわたしは訪れたのですが、本を開いたような形でこれらの作品を見ることに少々戸惑ったのです。

桑原規子さんのギャラリートークは、恩地孝四郎の創作活動と装幀の仕事、そして周辺事情を詳細に解説していて、ずいぶんわかりやすいものでした。新たな視点で、さらに時代の文化状況を分析したい、そういった意欲に満ちたものでした

わたしたち古書店「月映書房」の名称は、「月映」の若い版画家たちの意思と無関係ではありません。「大正ロマン」と、この時代の雰囲気を情緒的に捉える人が多いのは、表象的に捉えた場合、無理からぬことです。ただ、詳細に分析してみると、時代状況はそれほど甘くはなく、文化状況も未成熟なままに推移しているようにも見えます。文学にしても絵や音楽にしても、時々の時代背景の影響下にあり、容易に「新しい芸術活動」などが生まれる環境にはなかったのかも知れません。個々の葛藤や苦悩から生まれた未成熟な作品として、わたしの目の前に現在あるのかも知れません。よく知っているつもりが、知らなかったことも見えてきました。もう一度「月映」時代を見つめ直すことも、案外無意味ではないのかも知れません。

« 本の紹介・若桑みどり著「イメージを読む」 | トップページ | 絵本の紹介・「みつばちマーヤの冒険」 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/59809421

この記事へのトラックバック一覧です: 「恩地孝四郎と月映展」(福井市・E&Cギャラリー)を訪れた:

« 本の紹介・若桑みどり著「イメージを読む」 | トップページ | 絵本の紹介・「みつばちマーヤの冒険」 »