最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 近頃の月映書房 | トップページ | 観光パンフレットを置くことにしました »

2014年7月13日 (日)

昨日は「宮本三郎美術館」を訪れました

Kamairei1


闇に浮かぶ老人を、これほど巧みに描く人は少ない。鴨居玲さんの絵の前で、わたしはそう思った。

この鴨居玲さんの作品(2点)以外にも、香月泰男さんや智内兄助の作品が並んでいます。むろん、宮本三郎さんの作品が最も多いのですが。

とりわけ驚いたのは、香月泰男さんの作品が12点も並んでいたことです。 過酷な戦争体験を引きずるように描いてきた、その絵の迫力は、見る者の心に突き刺さります。内実が伴なっている、このような絵の前では人は頷く以外にないのかも知れません。

充実した個人コレクションでした。この『大京コレクション展』は、8月10日(日)まで開催されます。

« 近頃の月映書房 | トップページ | 観光パンフレットを置くことにしました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/59978512

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日は「宮本三郎美術館」を訪れました:

« 近頃の月映書房 | トップページ | 観光パンフレットを置くことにしました »