最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »

2014年11月16日 - 2014年11月22日

2014年11月21日 (金)

Gavarn(ガヴァルニ)の描写力はすばらしい

Gavarn(ガヴァルニ)の描写力はすばらしい

先日、『パリの悪魔』初版(1845-1846年)について書きました。その中で、この本にグランヴィルの挿絵が入っていること、そしてこの本の魅力はそこにあるのですが、そのことをわたしは強調しすぎました。たしかに、グランヴィルの挿絵は人気もあり、知名度もありますが、この本にはもう一人の優れた挿絵画家が存在することも知っていて欲しいのです。

Gavarni6


Gavarni1


Gavarni(ガヴァルニ1804-1866年)、19世紀当時、おそらくこの挿絵画家のほうが知名度が高かったのではないか、わたしはそう思っています。これほど優れた描写力を持った画家はそれほど多くはいません、実際この頃の挿絵本に、この人の名前を見ることができます。ジャン・コクトー著『恐るべき子どもたち』の挿絵もガヴァルニが描いています。バルザックやボードレールなどとの交友、モード誌などへの挿絵を見ても、この人たち(若い出版業界)がフランス独自のエスプリ(知的雰囲気)を創り出していたのです。

今日現在、日本の国会が解散した。ストイックでエゴイストたちの饗宴が始まります。自分たちだけの政治経済を確実なものにする・・・傲慢な人々・・・ガヴァルニが描いた世界が時代やところを変えて続いているのです。

2014年11月17日 (月)

本の紹介・『パリの悪魔(Le Diable à Paris)』

本の紹介・『パリの悪魔(Le Diable à Paris)』

1868-1869年にフランスで出版された『パリの悪魔(Le Diable à Paris)』には、わたしの好きなガヴァルニとグランヴィルの挿絵が多く挿入されています。

1pb170023

これは再版出版ですが、『パリの悪魔』初版(1845-1846年)にはグランヴィルの挿絵が入っていません。ですから、現在『パリの悪魔』と言うと再版(1868-1869年)がよく知られています。これは、編集者エッツェルとグランヴィルとの何らかのトラブルが要因らしいのですが、むろん詳しいことは知る由もありません。

1pb170015
ガヴァルニとグランヴィルの優れた挿絵(小口木版)を眺めては、何気なく伝わってくる描かれた人々の感情の裏表や・・・現代にもあてはまることの恐ろしさに・・・わたしは、時代を超えた画家の目の確かさ鋭さに、あらためて敬服するのです。

1pb1700221pb170014




2014年11月16日 (日)

MIYU(みゆ)の近況報告

MIYU(みゆ)は、ちょっと太り気味、活発に飛び回ってはいるのですが、すぐに休憩するのです。

Miyu14119_3

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月23日 - 2014年11月29日 »