最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 2014年11月16日 - 2014年11月22日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »

2014年11月23日 - 2014年11月29日

2014年11月24日 (月)

美しい本の一冊『薔薇物語(Le Roman de la Rose)』の紹介

美しい本の一冊『薔薇物語(Le Roman de la Rose)』の紹介

Finir1
13世紀フランスの寓意的物語「薔薇物語」の再版本(1977年刊・2500部限定出版)ですが、こちらのほうがよく知られています。表紙裏表紙も美しいのですが、この本の魅力はレオノール・フィニのカラーリトグラフ(12葉挿入)にあるのです。

Finir2
Finir5
この頃のフランス・エスプリ(知的感性)を代表する女性が二人います、ジョルジュ・サンドとレオノール・フィニです。レオノール・フィニの鋭い感性は、かなり先を見据えていたように想います。このリトグラフにも見られますが、デザイン感覚は並ではありません、明らかに時代を超えています。その生活や生み出された多くの作品を見てもわかりますが、自立した視点がそこには歴然と存在するのです。

Finir3
美しい文化、美しい一冊の本が、こういった人たちから生み出されるのです。

« 2014年11月16日 - 2014年11月22日 | トップページ | 2014年12月28日 - 2015年1月3日 »