最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 童話作家の松谷みよ子さんが亡くなった | トップページ | 桂米朝さんが亡くなった »

2015年3月14日 (土)

芥川龍之介の河童

芥川龍之介の河童

「月映書房」に、昭和二年発刊の芥川龍之介全集があります。その四巻に、『河童』というタイトルの短編が載っています。そこには、河童と初めて出会った場面が詳細に書かれています。

わたしには、子どの頃から、空想癖(次から次とイメージが膨らんでしまう)があります。夢と現実の区別が、容易に判別できない少年に育っていたようです。そのせいか、龍之介さんを同じ性癖を持つ仲間と、長らく想っていました。同時に、少しの疑いも無く、見たこともない河童たちの存在をも、信じていました。

Akutagawa1Akutagawa2


この本の扉口絵に、芥川龍之介の河童が描かれています。「我鬼酔墨」は、芥川龍之介の画号のようなものですが、どうですか、あまりにリアルじゃないですか。芥川龍之介その人の姿、みごとと言うほかありません。子どもの頃からの「本好き」のわたしは、おそらくこの絵を見ていた、だとすれば、今にも歩きだすかもしれない「河童」そのものを信じたとしても、不思議は無いのです。

« 童話作家の松谷みよ子さんが亡くなった | トップページ | 桂米朝さんが亡くなった »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/61280298

この記事へのトラックバック一覧です: 芥川龍之介の河童:

« 童話作家の松谷みよ子さんが亡くなった | トップページ | 桂米朝さんが亡くなった »