最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« わたしは『芥川龍之介全集(岩波書店昭和2年発刊)』を読み始めました | トップページ | 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています »

2015年5月 1日 (金)

「義血侠血」は舞台や映画の「滝の白糸」の原作として知られています

「義血侠血」は、舞台や映画の「滝の白糸」の原作として知られています。Yn109


1894年(明治27年)1月、泉鏡花の父が逝去し、郷里金沢に戻ることになります。この頃に、「義血侠血」などを執筆したのですが、これらの原稿(初稿・再稿)には師・尾崎紅葉による添削跡も数多く見られます。

Yn109zzzz


わたしたちがこういった『推敲』を知ることができるのは、本人(泉鏡花)の几帳面さ(すべての草稿原稿を保管していた)と、岩波書店の出版感覚に負うところ大ですが、この草稿からは、師弟間の息づかい(表現上の確執)までが伝わってきます。

« わたしは『芥川龍之介全集(岩波書店昭和2年発刊)』を読み始めました | トップページ | 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/61522208

この記事へのトラックバック一覧です: 「義血侠血」は舞台や映画の「滝の白糸」の原作として知られています:

« わたしは『芥川龍之介全集(岩波書店昭和2年発刊)』を読み始めました | トップページ | 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています »