最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています | トップページ | 企画展『19世紀(フランス・イギリス)出版と挿絵文化』のポスターを制作 »

2015年6月 9日 (火)

『美し...い本』があふれていた時代

数日前、「美術出版社がCCC(TSUTAYA)の支援を受けるそうだよ」と友人から聞いた。私たち美術関係の仕事をしてきた者の多くが、この出版社の恩恵を受けています。それだけに、驚き安堵したのですが、出版社や書店の苦悩は大きい、このような状況が続いています。

『美しい本』が私たちの生活を潤し、それが豊かさの象徴でもあった時代、視覚や触覚(手触り)を愉しませてくれた『大切なモノ』が失われていくのを実感します。

19sasie1

趣味で始めた古書店『月映書房』ですが、「一石を投じてみようかな」と思い立ち、『19世紀の挿絵画家たちの魅力』を伝える展示を企画しました。フランスやイギリスの出版業界変革の時代を知って欲しい。『美しい本』を造りたい、そういった情熱が伝わってくる時代を知らせたい。有能な挿絵画家たちの活躍の場が、この時代にはありました。ギュスターヴ・ドレは、自身の工房を持っていましたし、グランヴィルは絵を中軸にした本を自ら企画し(物語に挿絵を描くのではなくその逆)出版しています。優れた挿絵画家が次々と現れたのもこの時代でした。本の装幀だけを専門にする職人も多く、『美し...い本』があふれていた時代と言っていいのかも知れません。

19sasie10


私の投じた小さな石(意志)が、どれほどの波紋を描くか・・・たいしたことないかも知れませんが・・・。ウイリアム・ブレイクの銅版画やギュスターヴ・ドレの木口木版を詳細に見るとわかるのですが、挿絵画家の立ち位置(理念の拠り所)の明確さに驚き、その観察眼や優れた描写力などに敬意を覚えるのです。これら自立していた作家たちの仕事を見て欲しい、そう思うのです。

« 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています | トップページ | 企画展『19世紀(フランス・イギリス)出版と挿絵文化』のポスターを制作 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/61718155

この記事へのトラックバック一覧です: 『美し...い本』があふれていた時代:

« 日の丸の小旗を持った多くの人々が行き交いしています | トップページ | 企画展『19世紀(フランス・イギリス)出版と挿絵文化』のポスターを制作 »