最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« A/ | トップページ | 『LE DIABLE A PARIS(パリの悪魔)』 »

2015年11月14日 (土)

A・プレヴォー著『マノン・レスコー』と宝塚月組公演について

A・プレヴォー著『マノン・レスコー』と宝塚月組公演




Tukigumi76_n

本日11月13日は、月組 宝塚大劇場公演 Musical 『舞音-MANON-』 グランドカーニバル 『GOLDEN JAZZ』 (主演:龍 真咲)の初日でした。



【宝塚歌劇公式HP】
http://goo.gl/nzdPVF
フランス恋愛文学の最高峰の一つであり、バレエやオペラ作品としても人気の高い、アベ・プレヴォ作「マノン・レスコー」を公演しています。

わたしは、若い頃からよくタカラヅカを観ていましたが、このアベ・プレヴォ作「マノン・レスコー」を何故やらないのかと不思議に想っていました。フランスでは繰り返しミュージカルや舞台で演じられてきた代表的な作品でしたから、なによりもタカラヅカの演目に加えて欲しい、ぴったりの作品と想っていました。その願いが叶って、ほんとうにうれしいのです。

今日、紹介する本は、フランスで1839年に発行されたA・プレヴォー著『マノン・レスコー』です。この本には、トニー・ジョアノの華麗な挿絵(木口木版)が18点も入っているManon5のです。

Manon6

« A/ | トップページ | 『LE DIABLE A PARIS(パリの悪魔)』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/569218/62676246

この記事へのトラックバック一覧です: A・プレヴォー著『マノン・レスコー』と宝塚月組公演について:

« A/ | トップページ | 『LE DIABLE A PARIS(パリの悪魔)』 »