最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »

2015年2月22日 - 2015年2月28日

2015年2月28日 (土)

先日、金沢美術工芸大・卒業制作展を訪れました。

若い人の試みや感覚に接するのは、心地よいことです。想った以上に軽やかな雰囲気が、会場に漂っています。個人的な関心分野のアニメーション(映像表現)にしても、デザインにしても『軽やかさ」がここ数年の特徴ですね。

油画の卒業生で、映像表現していたのには驚きました。それがなかなかいいのです、ここ(油)は昔から自由な雰囲気がありましたからね。

彫金で目を惹いたのが、長尾佳奈さんの繊細で美しいな装飾です。時間を超えて増殖する宇宙を感じさせます。

視覚デザインで目を惹いたのが、坂川南さんの写真作品『誰が姿』です。パソコン処理をしたのかと思ったのですが、ほとんどが実写であることを知り、その完璧な仕事に驚いたのです。

それから、芸術学の五十嵐美里さんの『ドン・キホーテと死んだ騾馬についての一考察』、オノレ・ドーミエについて書かれた論文です。フランスの風刺画家として活躍していたオノレ・ドーミエの心情と、よく知られた物語「ドン・キホーテ」の一場面(イメージ)を重ね合わせて論じています。放置されて干涸らびた騾馬の骸には訳があるのです、山中に住む騎士の悲しい物語が隠されています。「ドン・キホーテ」の底流に流れる人間に悲哀にしても、オノレ・ドーミエの眼差しの先にある現実にしても、時代を超えて変わらないのです。

1p22802151p2280216





若い人たちには、可能性があります、目をそらさないで歩んでいただきたい、そう思うのです。

« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年3月8日 - 2015年3月14日 »