最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »

2016年11月27日 - 2016年12月3日

2016年11月29日 (火)

画家ボッティチェリの『謎』

『春』『ヴィーナスの誕生』で知られる画家ボッティチェリ、女性をこのように華美に描いた画家はいない、わたしも例外なくそう思っていました。晩年のボッティチェリが、ダンテ『神曲』を素材に、多くの素描を遺していることはあまり知られていない・・・学生の頃、これらの素描を見てから、この画家に違和感と疑念を抱きました・・・それからは、画家ボッティチェリは『謎』そのものになりました。
1dsc_1578

1dsc_1581
この『神曲』が、ミケランジェロの壁画『最後の審判』にも影響を与えています。先日、ダリの版画『神曲シリーズ』を観たことが、このことを想い起こしたのですが、多くの画家が描きたくなるダンテ『神曲』の魅力については・・・後日、書きたいと思います。
※『神曲』は、地獄篇 (Inferno)煉獄篇 (Purgatorio)天国篇 (Paradiso)で構成され、各篇はそれぞれ34詩篇、33詩篇、33詩篇の計100詩篇で構成されています。
『神曲』を素材に描いたボッティチェリの絵も100枚近くあります。これらを詳細に観ていくと、詩が意味するところと描かれた情景とが驚くことに一致することがわかります。「一致して当然だろう」と思うかもしれませんが、当時の社会状況から考えれば、そう簡単ではありませんでした。特に、教会からの依頼(宗教画)を受けてきた画家にとっては、ダンテの詩をそのまま表現することは難しいことでした。ボッティチェリはあまり器用な画家ではありません、実直に理想を追いかけた画家でした。宗教変革(サヴォナローラ )の嵐に巻き込まれてフィレンツェを追われた画家ボッティチェリが、ダンテの『神曲』(独自の世界観)に惹かれたとしても不思議はない・・・そう思います。ダンテの詩篇とボッティチェリの素描がみごとに一致する理由(謎を解く起点が)が、そこにあったのです。・・・続きは後日に・・・。
この政変から、イタリア・ルネッサンスが次第に終焉に向かうことになります。

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »