最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ニュース

2016年7月11日 (月)

『月映書房』の書棚を紹介します

『月映書房』の書棚を紹介します。

1dsc_1420001


小松駅前(土居原町)から小松北部(蛭川町甲222-1)に店舗を移したのですが、訪れるお客さんが少なくなりました。

1dsc_1425

常連のお客さんは、JR明峰駅から歩いてこられますが・・・徒歩10分の距離が「長く感じられる」らしい、なにせ近頃は暑いですからね・・・。先日は、金沢から車で来られたお客さんが、「駐車場が広くなりましたね」とうれしそうでした。駅前の店舗には駐車場がなく、店舗前のスペースに一時駐車してましたからね・・・。場所場所によって、善し悪しがありますからね・・・。

2014年9月18日 (木)

「Favo10」に月映書房の広告を載せました

「Favo10」に月映書房の広告を載せました

「Favo10」ファーボ(南加賀版)10月号に、『月映書房』の広告を載せました。

Favo10
Favo10zFavo10zz







          

昨年7月、小松駅前れんが花道通りに、美術専門古書店として『月映書房』オープンさせてから、広告らしい広告をしてきませんでした。                               わたしたちはアニメーション企画制作・WEBデザイン・ホームページ制作を柱に企業活動をしていますが、『月映書房』についても、ネットと口コミだけで充分と思っていたのかも知れません。                     

10月12日(日)「どんどん祭り」に合わせた「Favo10」企画を機会に、『月映書房』も広告することにしました。わたしたちの仕事は、どちらかというと、寡黙にパソコンと向き合っている時間が多く、人と会話することの少ない仕事です。

『月映書房』を訪れるお客さんとの会話が「息抜き」になっているのかも知れません。そうだとすれば、『月映書房』の存在は、案外小さくないのかも知れませんね。

昨年の10月の「どんどん祭り」では、わたしたちの『月映書房』の前にテントが張られ、どこからか陶器屋が来て商売を始めたのには、驚き、呆然とさせられましたから、少しぐらい宣伝(存在アピール)したほうがいいのかも知れない、そう思ったのです。(今年は、わたしたちの店舗前を開けてくれるそうですが・・・言ってみるものですね)

2013年7月 8日 (月)

小松市の店舗がオープンしました

小松市の店舗がオープンしました

paraparaart.com books(古書部門)の二店舗目が、小松市にオープンしました。
洋書(画集)を中心に並べてみました。


この「れんが通り」は、欧風の街並みをイメージしています、ちょっと異質な感覚が漂っていますが、これはこれでいい。この「地に足がつかない」雰囲気が、気に入っている。
Dsc_1002_2

わたしたちは「仮想空間」で仕事をしている、「リアル店舗」をつくるなら、これぐらいの「違和感」があった方がいい、わたしはそう思っている。

2013年6月25日 (火)

「月映書房」も移転するの?

「月映書房」も移転するの?

「月映書房」は、paraparaart.com の books 部門として(リアル店舗)展開してきました。
現店舗(能美支店)は、「月映書房」のまま継続していきたいと思います。
             昔懐かしい古書店のイメージにより近い古書店にしたいと思います。
             アナログレコードも扱いたい、江戸以前の資料や明治大正・昭和初期
             の雑誌なども袖手していきたいと思います。
 「移転するの?」との質問が多くありました。
 
小松支店(小松駅前商店街)は、
             アート・デザイン・文化関連の比較的新しい書籍を並べたいと思います。                  paraparaart.com は アニメーションやwebデザイン主体の会社ですので、
             通販サイト商品の一部を並べていると考えてください。この新しい店舗では、
             クリエーター関連商品も並べていきたいと思っています。
これまでの能美支店同様、小松支店もよろしくお願いいたします。
Dscn0372 Dscn0376